« 電気の要らない暖房器具 | トップページ | 札幌みやげ »

2006年11月16日 (木)

奥様は魔女

先日から、昔懐かしい TV ドラマ「奥様は魔女」(原題:Bewitched)が BS2 でかかっている。
本国では1964年から放送ということは、東京五輪の年。日本での放送は1966年からなんだ。全254話。すげぇ。

「奥様の名前はサマンサ。そして、旦那様の名前はダーリン。ごく普通の二人はごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。でも唯一つ違っていたのは、奥様は魔女だったのです。」

というナレーションはすごく懐かしい。

子供の頃はたぶん最初からは見てなかったと思ったので、第1話から録画して鑑賞。
なんだか、すごく違和感。やたらとサマンサとダーリンのキスシーンが多い。。。こんなんだっけ?と続けて見ていると、段々と減ってきて一安心。

記憶では、ダーリンは途中で役者さんが交替してたのだけど、調べてみるとやはりそうだった。

だーりん


カツオの声優が交替したくらいの感じ、だったな。

あと、グラディスさんも途中で交替してるんだ~。
初代のグラディスさんは非常にエキセントリックな感じで、例えて言うなら、Mr.ビーンのローワン・アトキンソンの母親はこんなんじゃないのかな、と思わせる演技。2代目はそういうエキセントリックな部分は消えたけど、なかなか良い感じだったと記憶してる。

ふんふん、ほとんどの役者さんはもう天国に行ってるんだ…。
タバサはまだ現役の役者さんか。

たばさ


タバサは今で言うと、「フルハウス」のミシェルのような存在かな。
もっと言うと、某○~じ家の○げのような (^^;。

本国では、続編として「タバサ」が放映されていたらしい。

魔法使いサリーとかは、このドラマの影響大だったんだろうね。
奥様は18歳は、、、タイトルだけか。岡崎友紀がが可愛かったけど。
今や、時代は「14才の母」だもんなぁ。金八先生の杉田かおるは15歳。関係ないか。

あと、ニコール・キッドマンの映画「Bewitched」も見なきゃね。
米倉涼子には悪いけど、日本版には興味なし。

|

« 電気の要らない暖房器具 | トップページ | 札幌みやげ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電気の要らない暖房器具 | トップページ | 札幌みやげ »