« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

Chai Chai サントリー烏龍茶ソングコレクション

ちゃぁ~い!ちゃぁ~い!


今宵は現実逃避して、癒しの世界に漬かってます。。。

iTuens Music Store を徘徊してるとたまたま発見した「Chai Chai サントリー烏龍茶ソングコレクション」。このシリーズは他にもあるんだけど、曲目と曲数でこのアルバムをポチ。TVCM でお馴染みのあの雰囲気の曲がずらずらずらと20曲。

では、徒然に曲の紹介や感想などを。

1. Rydeen 雷電
YMO の代表曲。大学2年の頃かな。ピコピコのテクノ音もわずかに入ってるけど基本的にはアコスティックな伴奏にクールな中国語のボーカル。なぜか S&G の「冬の散歩道」を彷彿させる。なぜだ?
2. Changing Partners
元歌は知らない。。。「テネシーワルツ」っぽい。素朴なカントリー・フォークだけど中国語の歌詞が乗るとなんか不思議。
3. ジュピター
ホルストの組曲「惑星」の木星の中間部。胡弓(かな?)メインのインストゥルメンタル。中華風というか墨画風で、好きなんです、こういう世界。
4. 卒業写真
ユーミンの有名な曲。ユーミンのコンサートは大学時代によく通いました。
伴奏のギター、渋い。amin という女性が唄っているんだけど(あみんじゃないよ。アミン大統領…、古すぎて皆知らないか。。)、感情を抑えた中国語はなかなかよろしいね♪彼女のボーカルは、#1,#2,#8,#10,#15,#20 でも聴けます。
5. 木綿のハンカチーフ
太田裕美のヒット曲。(彼女、今何してるんだろ?ほんわかしてて、いい感じの女性だよね。昔、愛川欽也とお昼のテレビに出てたのをよく見てた。)この曲はね、確か高一の時にクラス対抗歌合戦みたいなのがあって、我がクラスで歌った曲目。当時はなんでこんな曲選んだんだ!って心の中で思っていた。けど、今は好きな歌 (^^)。
6. 花
インストゥルメンタル。元歌、わかりません。
7. 夜空のムコウ
SMAP のヒット曲。これもインストゥルメンタル。特に中華風ではないけど、メインのメロディを奏でるマンドリンの音色が癒されます。
8. Your Song
エルトン・ジョンの初期の代表曲。昔の邦題「僕の歌は君の歌」。「ボクの作った歌を君にあげるよ」ってことなんだけど、なんとかならんか!と中学生の時、思ったもんだ。映画「ムーラン・ルージュ」でもユアン・マグレガーが歌ってた。とても素敵な曲。大好きなメロディなので、携帯の着メロにしてるよ。
9. あの素晴らしい愛をもう一度
北山修、だっけ?加藤和彦も、だっけ?調べたらそうでした。ザ・フォーク・クルセダーズだね。「帰ってきたヨッパライ」だね。加藤さんはつい先日、サディスティック・ミカ・バンドとしてテレビに出ていたのを見た。来年、還暦だよ、この人。若~い。
10. 白い色は恋人の色
おほほのほ。ベッツィ&クリス。大好き。ふ~ん、この曲も北山修と加藤和彦のコンビの楽曲なんだ。
11. 少年時代
井上陽水。インストゥルメンタル。ぼくなつ2!
12. 君がいるだけで
米米クラブ、だよね?再結成、したの?中国語の男性ボーカルだけど、都会的でスピード感に溢れてて、とても新鮮。
13. スカボロー・フェア
サイモン&ガーファンクル。パセリとセージとローズマリーとタイム。昔はハーブといってもなんのこっちゃ、わからんかったぞ。大学時代に再結成ツアーで来日した際、なんばの球場のコンサートに行った。とても良い席(二人の真正面ですぐそば)だったけど、あまり記憶には残っていない。中学で S&G はほぼ卒業していたせいかも。
14. 瞳をとじて
元歌は知っているけど、よくは知らない。。。これもマンドリンが印象的なインストゥルメンタル。あ、平井堅ね。
15. Time After Time
シンディー・ローパーのヒット曲。この人、老け顔だったから今も昔もあまり変わらないような。ちょっと前、グータンに出てたねぇ。夜更けのキャンプ場で聴きたい一曲、かな。
16. 夜来香
山口淑子。李香蘭。沢口靖子が若い頃、李香蘭を演じた際、歌の猛特訓をして音痴を治した、らしい、ということを思い出す。ホントかな?そのテレビドラマを実際に見たけど、沢口さん、上手にこの曲、歌ってた。
17. Shall We Dance?
大貫妙子。この収録曲の方が大貫さんより、よりウォーミィ。大貫さんの「ロマンティーク」は名盤!ちゅうか、新しいのは知らない。。。
18. 大きな古時計
またまた平井堅。日本語詞だと悲しいけど、中国語詞だと何いってんだかわからないから、いいかも。
19. アメイジング・グレイス
えらく牧歌的。ロード・オブ・ザ・リングみたい。そういえば、「王の帰還」のスペシャル・エクステンディッド・エディションは未見だ。。。買わなくっちゃ。
20. Spicks and Specks
元歌、わからない。あるんだろうか?
TVCM で一番印象に残っていた楽曲。心が弾みます。


だらだら書いたけど、たまにはこういうのもいいかもね。

| | コメント (0)

2006年10月17日 (火)

犬もあるけば…

東京みやげ。

いぬぼーかるた

神田のさかいやに行く途中で偶然に見つけた「奧野かるた店」。
さかいやでは何も買わなかったけど、奧野かるた店では買ってしまう私って。。。
時間が許せば店の隅から隅まで、見回ったのに (T_T)。
写真のかるたは「復刻版 武井武雄 犬ぼう」かるた。
昭和9年の発行だそうだ。70年前ですな。
童画家・武井武雄の絵札と字札。(字札を絵師が書くのは珍しいらしい)

はなよりだんご

わけわからん絵札もあったりするけど(付属の解説冊子を見ればわかるんだけど)、なんか楽しい♪

| | コメント (0)

2006年10月 7日 (土)

石焼き…

今日明日、世間は秋の例大祭。お祭りである。
我が家は喪中であるので、今年はちょっとね。。。
明日はキャンプに行くし。

先日、栗林公園でしこたま拾った(大嘘)栗を、石焼きにしてみることにした。
(もらい物の栗をもらった。。。うちは孫請けかも。。。)

生栗生米生卵

はじけないように少し切れ目を入れて、と。
ホントに生栗かどうか、一つだけ確認してある。

石を入れたコンボクッカーを適当にプレヒート。
そん中に栗をうずめて、また適当に加熱。蓋をして上火は無し。

石焼き中・・・

意外と栗を埋めるのに難儀。一度石を上蓋にあげてから、栗を並べてその上に石をかける。
ちょっと上蓋はずらしておいた方がいいかも。結構栗から水分が出てくるのであ~る。

できあがり♪
できた♪


普段は茹でて食べることが多いのだけど、こっちの方が当然の如く、香り・食感、ともに上回る。
実は以前に石なしで、直にダッチオーブンに栗を投入して焼いたことがあったが、これはイマイチ上手くいかなかった。はじける、のと、焦げる、のとがね、コントロールが難しい。はじけると、鍋にこびりつくしね。慣れれば美味しくできるんだろうけど、石焼きの方が安全確実な感じ。

美味しかったよ♪

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »